私たちが展開しているのは

「シンプルステージ」

というものです。

 

〇舞台がいらない

〇セットがいらない

〇照明もなくてよい

 

そうです。

ちょっとしたスペースがあれば観ていただける「朗読劇」。

しかし、ただの朗読劇ではありません。

芝居を観ているのと変わらない世界観、物語の中にお連れします。

教室、会議室、ホール、カフェなど、全国各地で公演しています。

 

なぜこういう形の公演になったのか。

 

私たちは長い間、舞台のお芝居をやってきました。

あるとき、知り合いのお家の居間で何かできないか、ということでお芝居の台本を朗読させていただきました。

 

私たちのお芝居によく足を運んでくださっていた主催者の方、なんと

 

「こっちの方がお芝居より好き」

 

同じ作品を芝居と朗読で観てくださった感想です。

 

ええーっ・・・

 

セットもあって、照明も、音響もあり環境の整ったものより、

セットもなく、俳優が座る椅子がただ並べてあるそれの方がいい理由は…

 

情景を想像して

時代を想像して

人物を想像する

 

場面転換も自由自在。

こんな空想の世界に遊べる空間が心地いい。

 

 

そこから私たちの試みがはじまります。

劇場を飛び出し、どんな場所でも、小規模に目の前で、演劇的空間を創りあげる。

自由自在に聞き手の想像力をかき立てるこの表現方法は、

聞き手の選択によって物語の世界をどこまでも深く楽しむことができる。

そのことに私たちも気づいたのです。

そして、そのような演劇的空間を

 

「シンプルステージ」

 

と名づけました。

(“朗読劇”でもよかったんですが、演劇的要素が強いのでこうしました)

 

では、私たちがどんな風なステージを作っているのか、

何を目指しているのか。

 

「シンプルステージ」

朗読をベースに、語り、音楽で上演します。

歌をふんだんに取り入れる作品もあります。

語りライブといった感じ!です。        

私たちは、物語をお伝えすることによって、

 

例えば

お腹がよじれるほど笑い

 

忘れかけていた大切なことを思い出し

 

心をふるわせ涙したり

 

さらには

これからの暮らし、生き方、地球との共生 

 

を考えていけたら、こんなワクワクすることはありません。

 

そう私たちのテーマ。

 

忘れてしまっていた

忘れかけてしまいそうな

忘れちゃいけない

そんな 大事なことを  思い出そう

 

そんな作品をお届けしたいのです。
  

カフェ、会議室、教室などフリースペースで公演できます。

全国各地、どこでも伺います。

お声かけください。

 

お問い合わせはこちらから